初めてピアノを購入する方へ

後悔しないピアノ選びのコツ

ピアノの選び方3

ピアノのデザインや色彩にもこだわりましょう。

ピアノの音色は、多少調律や整音などで調整できますが、デザインや色彩は変えられません。ご予算の範囲内で、自分好みのデザインや色彩で、音色の良いピアノを根気よく諦めないで探しましょう。

お子様が使うピアノの場合、お子様の意見も尊重してあげましょう。

お子様の意見を尊重しますと、自分が選んだピアノですから、一生懸命弾こう!大切に使おう!という気持ちが強くなります。親子のコミュニケーションも増えますし、親だけで勝手に決めず、お子様の意見も尊重してあげましょう。