初めてピアノを購入する方へ

後悔しないピアノ選びのコツ

ピアノの選び方2

ピアノの先生から特定のピアノを勧められても、そのまま購入しないようにしましょう。

ピアノの先生は、ピアノを弾く、教えるが専門分野です。ピアノの中身構造については、知らないケースがほとんどです。先生は調律や修理はできません。
自分自身でお店に行って実際ピアノを見て購入しましょう。

ブランド名だけで簡単に決めないようにしましょう。

日本では、ピアノメーカーとしてヤマハ(YAMAHA)、カワイ(KAWAI)が有名ですが、それ以外にも東洋ピアノ(APOLLO)、エスピー楽器(SCHWESTER)、シュバイツァ技研(SCHWEIZERSTEIN)、クロイツェルピアノ(KREUZER)、アサヒピアノなどがございます。またひとつのメーカーが複数のブランドを持っていることが多く、世界中のピアノブランドは相当な数になります。
あまり有名ではなくても良いピアノはございます。ひとつのブランド名だけにこだわらず、いろいろなピアノブランドを見て購入しましょう。

展示品をそのまま購入することも考えましょう。

中古ピアノは展示品を購入することになりますが、新品ピアノの場合は、展示品と倉庫在庫がございます。多少の傷が気にならなくて、お店で弾いたそのピアノの音色やタッチがとても気に入ったのであれば、展示品を購入するのも良いかもしれません。展示品ということですから価格交渉をして、少しでも値引きしてもらえたらラッキーですね。